樹木葬の人気が高まっているわけ

従来のような形のお墓にこだわらず、自分が亡くなった後は自然葬で埋葬して欲しいと希望する人が増えています。
そんな自然葬のひとつである樹木葬が注目されています。これはいくつかある樹木から自分の好きなものを選び、その木を植えた根元に遺骨を埋葬することで自然に還るという埋葬方法です。



これまでのような石碑を立てたお墓と大きく違うのが、石碑の変わりに樹木を植えるという点ですが、樹木によって故人を弔うことで仏教で言うところの輪廻転生の要素もあることから日本人にとっては比較的受け入れやすく、人気が高まっているともいわれています。ただしこの樹木葬はどこでもできるわけではなく、法律によって許可された墓地で行われるものであり、木を墓標として故人を弔う形をとります。



そのスタイルは霊園によって異なりますが、特定の宗教を信仰している必要もなく、永代供養となるためにお墓の後継者がいなくても使用することができます。


これまでのような形式の墓を建てるためには、大きな費用負担と後継者がいることが必要とされてきました。
核家族化の進んだ現代では墓の後継者を持たない人はけして少なくない上、高額な費用を墓のために準備できないと言う人もいます。


樹木葬は費用面での負担もこれまでのスタイルのお墓を建てるよりも軽くて済むことも、多くの人々に注目されていることの理由のひとつです。

本当のlivedoorニュースに関する有益な情報が満載です。

自分が元気なうちに、自分の死後には樹木葬で埋葬して欲しいと決めておくこともできます。