変わり行くお墓への考えと樹木葬

樹木葬と言う埋葬の形が多くの人の注目を集めています。人が亡くなると日本では多くの場合火葬して遺骨をお墓に納める形をとるのが一般的でしたが、現代ではお墓に対する考え方も多様化して、必ずしも特定の宗教を信仰する人ばかりではなくなったことでお寺とは全く縁を持たないという人も増えています。

特定の宗教を持たない人が亡くなった場合どこで供養してもらうのか、そしてどこに埋葬するのかと言うことになりますが、寺院の墓地の区画を新しく購入するにはその寺の檀家になる必要があり、そうしたことに抵抗感を感じる人も現在では増えているといわれています。


そこで登場したのが特定の宗教を持たなくても埋葬ができる樹木葬などの自然葬です。

自然葬には古くから日本人が行ってきたさまざまな形がありますが、これまでは特定の地域などに限られ、広く一般的に行われることはありませんでした。

初めてでもわかりやすい、Weblio辞書に興味ある方、必見です。

けれども、核家族化が進んで、お墓を継承する人がいないという人がどんどん増加し、継承する人がいないことで自分が入るためのお墓を持つことができないという人さえいる現代社会では、ある意味宗派も後々のお墓の継承も不要な樹木葬と言う形が注目されるのも当然のことだとも言えます。



先祖代々のお墓を持つ人は別ですが、新たにお墓を造る必要のある人でも、後々の事を考えれば子供や孫などに負担をさせることを避けたいという考え方をする人は多く、そうした人々にとって最も理想的な埋葬の形として樹木葬に人気が集まっているようです。