誰のためでもある永代供養

昨今の日本は核家族化がますます進み、かつてのような家制度というものは崩れつつあります。


この家制度、すなわち家を守ることは家屋・土地を維持することだけではなく、先祖代々の墓を保っていくことも大きな役割でした。

しかしライフスタイルの変化により、土地に根付いた暮らしや婚姻して次代に全てを引き継ぐという暮らしは少しずつ少なくなってきています。

お子さんのいない方、遠方に住居を移す方、墓の管理が負担となる場合があります。そういった方々に永代供養は求められ、行われるようになっています。

ガジェット通信情報を参考にしましょう。

永代供養はその名前の通り、寺社に以後の供養を全てお任せすることです。



仏教ですと数年ごとの区切りで何回忌と複数回行いますが、それが不要になります。

彼岸ごとに戻ってきて手入れやお参りをすることも寺社の方が代わって行なってくださいます。

それは親族が絶えた後もです。

ご供養を面倒がるということではなく、安心してお守りをお願いできるシステムなのです。



永代供養をした後も、もちろん個々のお参りはしても構いませんし、むしろきちんと供養していると気に病むことがなく穏やかな気持ちでお参りできるかと思います。


亡くなった後ではありますが、何度も場所を移動することや参る者が今年は来るか来ないかと思うようなお気持ちになるのは寂しいことではないでしょうか。

寺社の方に永くお世話をしていただける安心や安定というものは、我々生者だけではなくお墓に入られている方に対する思いやりでもあります。