自然葬はどのような人に受け入れられているか

故人のお骨は通常葬儀のあと、一定期間をおいたのち先祖代々のお墓か、もしくは新しく建てたお墓に埋葬します。

近年では自然葬という新しい形式ができたため、自然葬を選択する人が増えてきています。
自然葬は樹木が墓標となり、樹の下にお骨を埋葬するやり方と、山や海などに散骨する方法、ロケットで宇宙に散骨する宇宙葬などがあります。
どの方法も人はみな死んだら自然にかえる、という発想がもととなっています。


自然葬が注目されているのは、お墓を持たずに済む、お寺との付き合いが面倒に感じる、属している宗派や宗旨がない、今後お墓を守っていく人がいない、といった点で、このような思いを持った人に受け入れられています。

少子化の影響もあり無縁仏となってしまうお墓も多いという実情もあります。

無縁仏になるぐらいなら、と樹木による埋葬を選ぶ方もいます。

自然葬はおもに樹木葬や海洋葬を指します。



こういった形にしたい、と話をしても新しい方法でまだ浸透していない部分もあるので、戸惑う方もいます。

また、お墓を持たないというスタイルに抵抗を感じることもあります。

その場合は、話だけでなく実際に見学会に参加をしたり、パンフレットなどを用いて説明をしたりすると良いです。


樹木葬などは生前から予約をすることができます。

そのため気になった場合は早めに問い合わせてみると安心です。



樹木葬を行っている場所はまだまだ少ないので早め早めの行動が大事になってきます。

知って納得のAll Aboutの専門サイトのココです。